【茨城・東京・埼玉・千葉】ドア穴・フローリング・家キズ補修なら茨城県つくば市マジックアートリペア遠藤へ!

電話でお問合せ LINEでお問合せ

ドア穴修理は難しい?その理由とは?

  • お役立ちコラム

ドア穴修理は難しい?その理由とは?

ドア穴修理は難しい?その理由とは?

家具をぶつけてドアに穴が開いちゃった!どうしよう…。

「でも、この程度なら自分でも直せるかも?」

このように、ちょっとした穴の修理なら自分でも簡単にできるだろうと思っている人は多いかもしれません。

しかし、穴が開いてしまったドアは、そう簡単に元通りにはなりません。その理由を2つ挙げたいと思います。

フラッシュ構造のドアは修理が難しい

一般的な住宅で使用されているドアの多くは、中が空洞のフラッシュ構造になっています。中が空洞ということは、修理の際に裏側から押さえることができず、下地を入れるのも難しいです。穴が開いた面の板を丸ごと取り替えるという方法もありますが、綺麗に仕上げるためには修理の知識と確かな技術が必要です。

同じ柄のシートを見つけるのが困難

基本的に住宅で使用するドアは同じ柄で統一されているため、修理をする際も同じ柄のシートを見つける必要があります。「一部だけなら違う素材でも構わない」という人もいますが、修理を行ったドアだけ違う素材になってしまうと、室内の統一感が失われてしまい、ドアだけが悪目立ちしてしまいます。

このような理由から、たとえ小さな穴であっても簡単には元通りに修理することができないのです。修理代を節約しようとして自分で修理を試みた結果、穴の範囲が広がったり他の場所を傷つけたりしてしまうこともあります。そうなった後に業者へ依頼すると、修理代が高くついてしまうため、最初から業者に依頼することをおすすめします。

茨城県土浦市・牛久市・常総市でドア穴修理に対応した業者をお探しなら

ドア穴修理を業者へ依頼するなら、茨城県つくば市のマジックアートリペア遠藤へお問い合わせください。

自宅内の部分補修を得意としており、土浦市・牛久市・常総市にお住まいの方からも多くのお問い合わせをいただいております。経験豊富な補修技術で、お客様の不安を取り除くようお手伝いいたしますので、安心して補修工事をお任せください。

【ドア穴修理の施工事例】

【ドア穴修理の施工事例】

マジックアートリペア遠藤はお見積り無料

「大切な家に傷をつけてしまった」「賃貸なのに傷がついて不安」と悩む人も多いです。

マジックアートリペア遠藤は、新品交換よりも手の届きやすいお値段で、補修・修復サービスを提供しております。お見積りには無料で対応いたしますので、サイト内のお問い合わせフォームからご連絡ください。

リフォーム・住宅補修に関する豆知識

この記事を書いた人

マジックアートリペア遠藤 代表 遠藤能正 マジックアートリペア遠藤
代表 遠藤能正

■毎年250件以上もの補修依頼が発生するキズ直しの匠
■2013年以降、総キズ直し箇所約75,000箇所以上
■補修業界の後輩への指導実績2年以上

木目が潰れて消えてしまったキズでも、「これはさすがに直らないだろう」と思うようなキズでも、まるで「新品交換したかのように」でキズを消し去ることを得意としています。

一般的な家キズ直しはもちろん、他社様できれいに直らなかったキズ、補修を断られたキズ、高級家具・高級オーディオなどの絶対に失敗できないキズ、絶対に知られたくないキズ、当社が消して見せます!
ぜひマジックアートリペア遠藤までご相談ください。