【茨城・東京・埼玉・千葉】ドア穴・フローリング・家キズ補修なら茨城県つくば市マジックアートリペア遠藤へ!

電話でお問合せ LINEでお問合せ

こんなにあるの?床材の種類と特徴

  • お役立ちコラム

こんなにあるの?床材の種類と特徴

自宅の床材が、どんな素材でできているのか知っていますか?

一般的な住宅で使用されている床材にはいくつか種類があり、それぞれ特徴が異なります。

無垢材

無垢材

無垢材のフローリングは単層フローリングとも呼ばれ、天然木を伐採・加工して作られています。無垢材は空気をたくさん含んでいるため、保温性や断熱性が高いという特長があります。また、湿気の多い季節は室内にある余分な湿気を吸収し、乾燥する季節は水分を吐き出してくれる調湿作用もあります。

しかし、無垢材は湿度によって膨張と収縮を繰り返すため、フローリング自体に反りや割れなどが生じてしまう可能性もあります。特に水分に弱いため、水をこぼしてしまったらすぐに拭き取りましょう。

複合フローリング

複合フローリングは、基材の表面に化粧材を貼りあわせたものです。貼りあわせる化粧材により、突板タイプと化粧シートタイプに分けることができます。

突板タイプは、薄く削った天然木を基材に貼りあわせています。化粧シートタイプは、樹脂やオレフィンなどのシートに木目や柄などを印刷したもので、種類も豊富です。表面的に細かい傷などがつきやすく目立ちやすいため、気になる方は傷があまり目立たない色を選ぶのがおすすめです。

コルク

コルクは耐久性、吸音性、断熱性、弾力性に優れているため、小さな子供や高齢者の居室・寝室に適しています。

タイル

タイルは耐久性、耐水性に優れています。また、色やデザインなどが豊富な素材です。簡単に割れてしまうことはありませんが、重さのあるものなどを角から落としてしまうと亀裂が入ってしまう可能性もあるので、設置場所の周辺に置くものは注意して選びましょう。

万が一、タイルが割れてしまった場合はつくばにあるマジックアートリペア遠藤にご連絡ください。多種多様な傷の修復に対応します。

つくばでリペア・リフォームをお考えならお早めに!安い費用で綺麗な家を

つくばでリペア・リフォームをお考えならお早めに!安い費用で綺麗な家を

フローリングの種類はそれぞれに特徴があり、傷のつきやすさも異なります。フローリングの傷や凹み、欠けは見た目が悪いだけでなくケガや劣化を進める原因にもなるため、早めの補修がおすすめです。

早めに補修を行うことで、張り替えや設備の取り替えといったリフォームを行うよりも安い費用で綺麗な家を維持することができます。

つくばにあるマジックアートリペア遠藤では、フローリングのリペア・リフォームに対応しています。補修箇所の写真を送っていただければお見積りが可能です。つくば市内やつくば市周辺の地域でリペア・リフォームの業者をお探しの方は、ぜひマジックアートリペア遠藤へお問い合わせください。

リフォーム・住宅補修に関する豆知識

この記事を書いた人

マジックアートリペア遠藤 代表 遠藤能正 マジックアートリペア遠藤
代表 遠藤能正

■毎年250件以上もの補修依頼が発生するキズ直しの匠
■2013年以降、総キズ直し箇所約75,000箇所以上
■補修業界の後輩への指導実績2年以上

木目が潰れて消えてしまったキズでも、「これはさすがに直らないだろう」と思うようなキズでも、まるで「新品交換したかのように」でキズを消し去ることを得意としています。

一般的な家キズ直しはもちろん、他社様できれいに直らなかったキズ、補修を断られたキズ、高級家具・高級オーディオなどの絶対に失敗できないキズ、絶対に知られたくないキズ、当社が消して見せます!
ぜひマジックアートリペア遠藤までご相談ください。