【茨城・東京・埼玉・千葉】ドア穴・フローリング・家キズ補修なら茨城県つくば市マジックアートリペア遠藤へ!

電話でお問合せ LINEでお問合せ

意外と知らないフローリングの傷やはがれの原因とは?

  • お役立ちコラム

意外と知らないフローリングの傷やはがれの原因とは?

木でできたフローリングは癒しの空間づくりに役立ちます。しかし、意外と傷つきやすく、はがれなども起きやすいです。では、なぜ傷がついたりはがれたりしてしまうのでしょうか?その主な原因をご紹介いたします。

水分の付着や染み込み

水分の付着や染み込み

フローリングのはがれや腐食、シミの原因になりやすいのが、水分の付着・染み込みです。

フローリングは木材でできており、水分に弱いという特徴があります。そのため、フローリングに水分をこぼしてしまったり、濡れている雑巾で掃除をしたりすると、フローリングの劣化を早めてしまうのです。

このような理由から、水回りのキッチンやトイレの床は、ビニールクロスやクッションフロアなど水に強い素材が使われています。

掃除の仕方

何気なく使っている掃除機が、フローリングを傷つけてしまうこともあります。掃除機のヘッド部分にあるモーターヘッドという部品は、ブラシの回転率が良くて小さなゴミやホコリを取り除く役割を担っています。しかし、ブラシ部分の摩擦が大きく、フローリングを傷つけてしまうことがあるのです。

また、モーターヘッド内蔵で掃除機自体が重いため、大きなゴミや硬いゴミがブラシに絡まってしまうと、掃除機をかけた際にフローリングにゴミを押し付けてしまうこともあります。

掃除機でフローリングを掃除する際は、摩擦の弱いヘッドを使用したり、床の硬いゴミには注意したりと、フローリングに優しい掃除を意識しましょう。

寿命

フローリングの寿命は、一般的に10年から20年と言われています。フローリングは自然劣化するので、水に濡らしたり摩擦で傷つけたりしていない場合でも、少しずつ劣化していきます。フローリングを長持ちさせるためには、保護シートの活用やフロアコーティングを施すなどの対策もおすすめです。

茨城県でフローリング(無垢)のシミ・傷が目立つのを修復したいときはマジックアートリペア遠藤

茨城県でフローリング(無垢)のシミが気になる、傷の目立ちを修復したいという方は、専門の知識と技術を持つマジックアートリペア遠藤にご相談ください。

茨城県つくば市で開業して以来、地元の皆様からのご依頼に真摯に対応することで、信頼関係を積み重ねてきました。部屋の壁やドア、家具についた傷の悩みも解決に導くようお手伝いいたしますので、茨城で修繕の専門業者を探している方はご連絡ください。

【フローリング修理の施工事例】

【フローリング修理の施工事例】

リフォーム・住宅補修に関する豆知識

この記事を書いた人

マジックアートリペア遠藤 代表 遠藤能正 マジックアートリペア遠藤
代表 遠藤能正

■毎年250件以上もの補修依頼が発生するキズ直しの匠
■2013年以降、総キズ直し箇所約75,000箇所以上
■補修業界の後輩への指導実績2年以上

木目が潰れて消えてしまったキズでも、「これはさすがに直らないだろう」と思うようなキズでも、まるで「新品交換したかのように」でキズを消し去ることを得意としています。

一般的な家キズ直しはもちろん、他社様できれいに直らなかったキズ、補修を断られたキズ、高級家具・高級オーディオなどの絶対に失敗できないキズ、絶対に知られたくないキズ、当社が消して見せます!
ぜひマジックアートリペア遠藤までご相談ください。